有限会社リソールが、マンションなどへのe・eブレーカー導入をおすすめしています。

平均削減率50%以上
150件以上の導入実績
国産の部品を使用

不動産オーナー様へ

不動産オーナー様へ

不動産事業の経営改善にe・eブレーカー

マンション、独身寮など集合住宅を所有されているオーナー様、大家様にぜひおすすめしたいのが有限会社リソールが販売する電子ブレーカー「e・eブレーカー」です。エレベーター、照明、給排水施設、機械式駐車場の電気代は決して少額ではありません。ましてや、こうした物件を何棟もお持ちなら、その合計額は相当なものになるでしょう。e・eブレーカーで電力コストの削減を図り、不動産事業の経営改善を図ってみませんか?

電力自由化時代の電力コスト削減術

比較的、戸数の少ない中小規模マンションや集合住宅では電力会社との間で一般的な従量電灯契約または低電圧契約が結ばれていますが、一方、タワーマンションなど世帯数の多い大型物件や機械式駐車場などの設備を完備した高級マンションは、1棟分の電力使用量も多く、業務用電力契約が導入されているケースが一般的です。

こうした電力契約は、建物が完成する前段階で分譲会社と電力会社によって決められますが、入居が始まってしばらく経過すると当初の契約では不都合を生じることも少なくありません。実際に物件を所有されているオーナー様のなかには、当初の契約では電力が足りない、反対に多すぎて基本料が高くついて困るなどといった問題で頭を悩ませている方もいらっしゃるでしょう。

でもご安心ください。e・eブレーカーを導入すればこうしたトラブルを是正し、かつ電力コストを下げることが可能です。また、利用者の意志で電気料金の削減を行えるようになりました。2016年4月から家庭用電気の自由化が始まり、e・eブレーカーとうまく組み合わせることにより、コスト削減を促進させることができます。

大型マンションでの導入事例

大型マンションには共用部分であるエレベーターや通路電灯に加え、機械式立体駐車場を備えている物件が少なくありません。しかし、こうした設備が一日中稼働し続けることは現実にはなく、設備の電力使用量の合計を基準にした「負荷設備契約」のままでは基本料金が高くつくだけでメリットはありません。

これを「主開閉器契約」に変更し、e・eブレーカーで電力使用状況を監視させると、実は電気料金の削減が可能になります。以下では同様の手法で大幅な電力コスト削減を達成した一例をご紹介します。

アレクサス・ラ・クラシコ(福岡市博多区)

設置年月日:準備中節電効果ビフォー&アフター
15kw=173,880円/年 ⇒ 5kw=57,960円/年

サヴォイ・ブロード・ストリート(福岡市博多区)

設置年月日:準備中節電効果ビフォー&アフター
   23kw=253,285円/年 ⇒ 7kw=77,087円/年

電力契約を見直してみましょう

エレベーター、機械式駐車場、排水ポンプ、給水ポンプなどマンションの付帯設備を稼働させるための電力は電力契約の見直しとe・eブレーカーで大幅削減も可能です。詳しくは有限会社リソールまでお問い合わせください。

新着情報

無料診断依頼はこちら

ブログはこちら